<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 矢部川楽校・矢部川のこれからを考える「景観保全と復興」 | main | 矢部川楽校ミニ講演会「矢部川の下流域について」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

ゆつらーっと矢部川(矢部川フットパス)矢部川の復旧現場を巡る」  北部九州豪雨から1年半を経てなお、流域の至る所で復旧作業が行われている矢部川。景観保全に配慮したとはいえない工事が行われているところがあります。  馬場紘一さんの案内で復旧の現場を見ながら

    ゆつらーっと矢部川(矢部川フットパス)矢部川の復旧現場を巡る   



北部九州豪雨から1年半を経てなお、流域の至る所で復旧作業が行われている矢部川。景観保全に配慮したとはいえない工事が行われているところがあります。    
馬場紘一さんの案内で復旧の現場を見ながら、皆で、これからの矢部川のあるべき姿を考えましょう。    

とき    2014年3月21日(金・春分の日)9時00分〜16時30分     
ところ    矢部川流域・矢部川中流域、笠原川、星野川の復旧工事箇所    

コース    物産館→山内地区→宮ヶ原橋→星野(田の原・柳原)→ほたると石橋の館:12:00(昼食)    
→黒木→笠原地区(霊岩寺・えがおの森)→祈祷院(矢部川・星野川合流点)→物産館    

集合    。複勹犬塚 9時10分(JR下り快速9時6分着) 八女市物産館 9時30分    
解散    。複勹犬塚 16時30分(JR上り快速16時38分発) 八女市物産館 16時

主催    矢部川をつなぐ会     
事務局: 八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内 山村塾気付 電話 0943-42-4300     
" HP http://www.yabegawa.net/ Blog http://yabegawa.jugem.jp/
"    
参加者・参加費    定員20名(マイクロバス利用) 1,000円、別途昼食代1,000円    
昼食:3月オープンのほたると石橋の館レストラン「一粒」で、やべがわ鍋付のランチ    
申込・締切    矢部川をつなぐ会事務局へ、3月15日(土)まで(先着順)    


矢部川をつなぐ会は、矢部川流域の自然、歴史文化、生態系などについてみんなで考え、景観資源を未来に残して行こうと    
平成17(2005)年11月に発足した、矢部川流域の上流から下流・有明海の各地で活動している団体が集まって作ったネットワークです。
yabegawa * 矢部川水害 * 13:14 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:14 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ