<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

◆◆◆連続講座「里山生活のススメ」◆◆◆ 【第1回】 堆肥づくりのススメ

 ++++++ここから(転送転載歓迎!)+++++++

◆◆◆連続講座「里山生活のススメ」◆◆◆
棚田や茶畑、山々などの里山風景を育んで来た
先人の知恵や技
そこには自然と人がうまくバランスをとって暮らすためのヒントが
たくさん詰まっています

連続4回の合宿講座を通じて
里山生活のこと、田舎暮らしのこと、
皆さんと一緒になって考えたいと思います。

まずは「第1回 堆肥づくりのススメ」のご案内です。
ご参加お待ちしております!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【第1回】 堆肥づくりのススメ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
安心、安全な野菜作りは堆肥作り、土作りから。
生ゴミを利用し家庭でできる堆肥づくり
農家が取り組む堆肥づくりと農地見学などを通じて
農業の基本となる堆肥づくりについて学びます。

□とき 9/23(金・祝)10時〜24(土)16時
    ※9時半受付

□ところ えがおの森(八女市黒木町笠原9836-1)

□内容 ・堆肥づくりの基礎知識
    ・いろいろな堆肥の作り方
    ・有機農家と座談会
    ・堆肥舎と農地見学
    ・堆肥ふり実習 など
  ※合宿形式、参加型の講座です。
   食事のお手伝い、片付けもお願いします。

□対象 里山生活に関心のある方 15名

□参加費 一般7,500円、学生4,500円
     八女市内の方と山村塾会員6,000円
   ※テキスト代、美味しい食事4回、施設費、保険代、運営費含む。
   ※第2回以降に継続参加される方は、次回より会員価格を適用します。
   ※9/16〜22開催のワーキングホリデーから続けて参加される
    方はこの回のみ学生料金を適用します。
    詳しくはお問い合わせ下さい。

□申込方法:
 以下を明記の上、事務局までお申し込み下さい。
 9/19(月)または定員なり次第〆切ります。
 1)お名前
 2)住所
 3)TEL
 4)講座に期待すること
 5)黒木バス停から送迎の必要
 6)参加希望の講座

□申込み、お問い合わせ
 山村塾 事務局(担当:小森耕太)
 〒834-1222
 福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
 TEL・FAX 0943-42-4300
 Eメール:sannsonn@f2.dion.ne.jp
 山村塾HP http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/

※この事業は八女市「平成23年度市民との協働によるまちづくり
 提案事業」の補助を受けて行われます。

■■■講師紹介■■■
○波多野信子(NPO法人循環生活研究所)
 堆肥づくり歴50年。いい土が欲しい一念で現在に至る。
 講座以外はほとんど畑に在住。
 団体理事長、コンポストトレーナー、環境省環境カウンセラー、
 環境再生医環境教育部門中級

○たいら由以子(NPO法人循環生活研究所)   
 団体理事・事務局長、コンポストトレーナー、人材養成担当、
 ベッタ会世話人、NPO法人日本環境ボランティアネットワーク理事、
 環境省環境カウンセラー、環境再生医環境教育部門中級
 【小さな循環いい暮らし日記】http://yaplog.jp/jun-namaken/

○大橋鉄雄(大幸園)
 堆肥づくり約40年。無農薬のお茶を栽培から加工、販売まで行う。

○椿原寿之(四季菜館、椿原農園)
 合鴨稲作と堆肥づくり約30年。無農薬のお米と野菜農家。

■NPO法人循環生活研究所(じゅんなま研)
暮らしに必要なものが地域内で循環する、楽しく創造的な暮らしを地域に
提案。ダンボールコンポストの人材養成・支援事業でリーダー支援を国内外
で実施。地産型基材開発として海藻アオサを福岡市港湾局と堆肥化事業を
実施。農的なくらしと環境コミュニティビジネスを都市でつなげる
「小さな循環ファーム」「半農都会人講座」を主宰。

■■■詳細情報■■■
□持ち物
汚れてよい服装(長袖、長ズボン、長靴や汚れてよい靴、帽子、軍手)、
タオル、着替え、寝巻き、洗面用具(石鹸、シャンプーはあります)
 ※雨天のときは雨具、長靴。
 (貸し出しできますが、お持ちの方はご準備ください。)

□交通手段:
【公共交通機関ご利用の場合】
 ※送迎準備のため必ず事前連絡。
 JR 鹿児島本線「羽犬塚駅」下車(博多から50 分、910 円)後、
 堀川バスをご利用ください。
 堀川バス・羽犬塚発(黒木行)8:43 発→黒木営業所9:31 着 運賃750 円
 →9:30 に、黒木営業所までスタッフが迎えに行きます。
 ※堀川バス八女営業所0943-23-2115 (http://www.horikawabus.jp/)
【お車をご利用の場合】
 広川IC、八女IC から約25 キロ、車で45 分です。
 国道442 号線を、黒木、矢部方面に向かい、「黒木大藤」交差点を左折。
 赤い鳥居をくぐり5分(約2 キロ)で四季菜館。
 さらに約7 キロ先が「えがおの森」です。
 http://www.egaonomori.jp/access/access.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今後の予定  〜連続講座「里山生活のススメ」〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1回と同じ参加費と時間で以下を予定しています!予約受付中!
【第2回】 竹林活用のススメ
とき 10/22(土)〜23(日)
ところ えがおの森
講師 前島美江(竹皮編工房・でんえもん)、野中重之(竹林利活用
   アドバイザー)ほか

【第3回】 郷土料理のススメ
と き 2012/1/28(土)〜29(日)
ところ 四季菜館
講師 鶴久ちず子(産直や蔵肆)、能美俊夫(のうみ農園)ほか

【第4回】 里山生活のススメ(ミニシンポ)
と き 3/3(土)〜4(日)
ところ 四季菜館
講師 交渉中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
yabegawa * 構成団体からの告知 * 23:11 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

第14回国際里山・田園保全ワーキングホリデーin福岡

 +++++ここから(転送転載歓迎!)++++++

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ★ 里山で暮らす7日間 ★
◆◇◆第14回国際里山・田園保全ワーキングホリデーin福岡◆◇◆
★The 14th International Conservation Working Holiday in Fukuoka★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ワーキングホリデーとは働く休暇。
茶畑に棚田、そして山々に囲まれた八女市黒木町で開催!
いろいろな国や地域、年代のボランティアが集まり、
元小学校校舎で寝泊りしながら、
荒廃した竹林の手入れや遊歩道整備のワークを行います。

※詳しくは募集ページ
http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/
または、以下をご覧ください。


◆と き 2011/9/16(金)〜22(木)の7日間

◆ところ 笠原東交流センター「えがおの森」
      福岡県八女市黒木町笠原9836-1
     ※元小学校校舎。木造の味わいある施設です。

◆内容 以下のプログラムを予定しています。
  作業は技術指導者やリーダーと一緒ですので、
  初めての方でも安心です。

 ○遊歩道づくり:森林セラピーロードの遊歩道整備
 ○竹林整備:荒廃した竹林の手入れ。
    全国でもこの地域にしかない希少な皮白竹の竹林
 ○森林整備:大きなカマを使い植樹後の下草刈り
 ○山村生活:炊事や掃除もみんなで行う合宿生活
 ○里山セミナー:里山についてのセミナーやNPO活動事例
 ※天候によって作業内容が変わることがあります。


☆★参加者募集中!☆★
◆募集対象 16歳以上で15名。
 農山村、里山保全、環境保全、国際交流などに興味関心をお持ちの方。
 ※部分参加も可(2泊以上)です。
◆スケジュール
  9/16(金)14時集合
       オリエンテーション
       ウエルカムパーティー
  9/17(土)ワーク(遊歩道/竹林・下草刈り)
        里山セミナー(九州大学名誉教授 重松敏則氏)
  9/18(日)ワーク(遊歩道/竹林・下草刈り)
  9/19(月祝)休息日
       (自由もしくはオプショナルツアーに参加)
  9/20(火)ワーク(遊歩道/竹林・下草刈り)
        里山セミナー(NPO活動事例など)
  9/21(水)ワーク(遊歩道/竹林・下草刈り)
       さよならパーティー
  9/22(木)振り返り後、11時解散
  ※ワークは、チームごとにローテーションします。


◆参加費:一般20,000円 学生15,000円
 ※滞在中の施設費と食費、保険料、運営費等として


☆★申込方法☆★
 申込みフォームをご記入の上、下記連絡先まで郵送、FAX、メール
 にてお送りください。
 定員になり次第〆切ります。
 受け付け後、参加資料をお送りします。

■申込みフォーム
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 1)氏名
 2)フリガナ
 3)年齢
 4)性別
 5)郵便番号
 6)住所
 7)TEL
 8)メール
 9)所属(*学生の方は学校、学科、学年等も)
 10)交通手段(自家用車、公共交通機関)
 11)アレルギーや持病
 12)自己PR
 13)その他要望など(*部分参加の方は希望日程)
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■連絡先
 山村塾 (担当:小森耕太)
 sannsonn@f2.dion.ne.jp
 〒834-1222
 福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
 TEL・FAX 0943-42-4300
 http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/


☆★企画運営について★☆
■主催:山村塾
■共催:(特活)NICE、笠原里山振興会、
  (特活)日本環境保全ボランティアネットワーク(JCVN)
■協力:黒木有機農業の会、黒木町林業振興会、
  九州大学大学院芸術工学研究院朝廣研究室
■後援:八女市
■アドバイザー: 九州大学名誉教授 重松敏則

 ※この活動は、世界中からボランティアを募り、9/6〜11/24の
 期間行われる黒木国際ワークキャンプ「里山80日ボランティア」と連
 携して行います。現在、ドイツ、フランス、タイ、台湾、イタリア、
 日本のボランティア8名が参加予定です。
 活動ブログhttp://egaonomori.exblog.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※9/23〜24「堆肥づくりのススメ」も続けて開催予定!
  続けての参加は割引あり!詳しくはお問い合わせ下さい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★備考☆★
★山村塾 http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/
地元農林家と都市住民が協力して活動するグループです。
環境保全型農業による耕作放棄農地(棚田)の復田・管理、
杉・桧の風倒木被害地での広葉樹の森づくりを行っています。

★特定非営利活動法人 NICE http://www.nice1.gr.jp/
カラフルでヘルシーな地球社会づくりのために、ワークキャンプ等のボラ
ンティア活動を行うNGOです。2010年は290事業を主催し、
3,624人のボランティアと数十万人の地域住民が参加。日本で唯一、
国連・CCIVSに加盟しています。
※今回は、黒木国際ワークキャンプ「里山80日ボランティア」の
ボランティア募集と運営サポートを担当しています。

+++++ここまで++++++
yabegawa * 構成団体からの告知 * 21:00 * comments(0) * trackbacks(1) * pookmark

グラウンドワークフォーラムin福岡「地域再生・あなた発!」

 ■■グラウンドワークフォーラムin福岡「地域再生・あなた発!」 ■■

=========================
「これから地域づくり活動を行いたい」
「NPO活動を行っているけれどもっとレベルアップしたい」
「地域資源を生かした事業をおこしたい」
NPOや社会的起業をもっと知りたいあなたへ
 =========================

全国からグラウンドワークのリーダーたちが集まり、これまでの取り組みやその秘訣、
そして今後のビジョンを大いに語ります!

さまざまな問題が山積する昨今、自らの力で地域の課題に取り組み地域の環境を改善
していく人材が求められています。

I部では…全国のグラウンドワーク活動事例をもとに、NPOに期待される役割について
考えます。NPOやグラウンドワークについて学ぶ研修制度についてもご紹介します!

局瑤任蓮鎮楼荳得犬虜農菽爾砲い襯蝓璽澄爾燭舛呂匹鵑淵咼献腑鵑鮖って日々の活動に
取り組んでいるのでしょうか?継続的に事業を行うために必要な視点とは?今後ますます
重要となる事業性の高い活動や、事業や団体立ち上げに際しての有益な情報提供も行い
ます!

あなたも最初の一歩を踏み出してみませんか?


■開催日 平成23年8月4日(木)

■時間 1部 10:00〜12:00
     2部 13:00〜16:00

■会場 筑後川防災施設 くるめウス(久留米市新合川1-1-3 電話 0942-45-5042)



■参加費 無料

■参加申し込み メール・FAX・電話等で〇臆担望(吃瑤里漾Ν局瑤里漾ξ省)、
△名前、所属、い棺蚕蝓↓ヅ渡暖峭罅↓Γ藤腺悗泙燭魯瓠璽襯▲疋譽后
を事務局までお知らせください。 ※当日参加も歓迎致します※


特定非営利活動法人
グラウンドワーク福岡 事務局
齋藤 かおり
TEL:092-414-1234
FAX:092-414-1155
mail: gw-fuku@d3.dion.ne.jp
web: http://www.h3.dion.ne.jp/~gw-fuku/
blog: http://groundwork-fukuoka.blogspot.com/
http://groundworkfukuoka.wordpress.com/
twitter :GWFukuoka
yabegawa * 構成団体からの告知 * 20:33 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

◆里地・里山づくり講座◆

 山村塾の小森です。
直前のお知らせですみません。
あさって、日田市で
愛林館 沢畑さんがお話されます。
全6回の第1回目です。
第4回か5回には、私・山村塾の小森も登場予定です。

以下ご紹介まで。

++++++++++++++
◆里地・里山づくり講座◆

日時: 2011年7月29日(金) 18:30 - 21:00
場所: 市役所7階中会議室
 (877-8601 大分県日田市田島2-6-1)
内容:里地・里山の現状と課題についての講座
講師:水俣市愛林館館長 沢畑 亨氏
受講料:無料
※本年度6回開催。
http://www.city.hita.oita.jp/kankyo/page_00163.html

お問合せ
市水郷ひたづくり推進課企画推進係
電話番号:0973-22-8357
ファックス:0973-22-8241
メールアドレス:kankyo@city.hita.oita.jp

++++++++++++++
yabegawa * 構成団体からの告知 * 21:57 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

お知らせ 山村塾 稲作コース「田植え」ほか

 ◆山村塾 稲作コース「田植え」◆

昔ながらの田植えバシゴや田植えヒモを使って
棚田の田植えを手作業で行います。
毎年恒例、泥合戦も開催予定です。水着持参?でお集まりください。

※田植えチラシ ダウンロード(PDFファイル、184KB)
http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/newivent/20110618-19.pdf

または以下をご覧ください。

□日程:6/19(日)10:00〜16:00
 *10時にオリエンテーション開始しますので、それまでに受付
 と着替えなど済ませてください。よろしくお願いします。

□集合場所:農林業体験交流施設「四季菜館」

□内容:棚田の田植え (田植え後、希望者は川で洗濯)
  昼食は、山村塾自慢の山の幸たっぷり料理です。お楽しみに!

□参加費:一般 500円(3歳未満無料)、会員無料
 *参加費は、昼食、保険、通信費を含みます。
 *一般の方の参加費は、通常1,000円ですが、今回は半額です!

□持ち物:汚れてよい服装(裾・袖まくりできる格好、帽子)、タオル、
 着替え、泥んこになりたい方は水着。
 *ブヨ刺され防止に、長袖長ズボン、怪我防止に田植え靴がお勧め。
 (田植え靴の貸し出しは、数に限りあり。当日の先着順です。)
 *雨天のときは雨合羽。(貸出用ありますが、できるだけご準備ください。)

□定 員:70名くらい

□申込方法:
 1)お名前
 2)連絡先
 3)同行者お名前(学生、子供の方は学年または年齢も)
 4)送迎の必要
 をお知らせ下さい。

□申込み、お問い合わせ
 山村塾 事務局(担当:小森耕太)
 〒834-1222
 福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
 TEL・FAX 0943-42-4300
 Eメール:sannsonn@f2.dion.ne.jp
 山村塾HP http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/
 ※当日連絡先は四季菜館0943-42-2722

+++++++++++++++++++
※ みっちり体験したい方は、
以下、前日からの里山ミニワーク「畦塗り・田植え」がお勧めです!
+++++++++++++++++++
◆里山ミニワーク「畦塗り・田植え」◆

いろいろな生き物を育み、美しい景観を生み出す
棚田の畦塗りを行います。
手にクワを握り、汗を流しながら畦塗りをした後の棚田の美しさは
何ともいえません。
日曜日の田植えにあわせて、前日から汗を流してみませんか?

□日 程:6/18(土)〜19(日)

□集 合:6/18(土)9時半 四季菜館
□解 散:6/19(日)16時ごろ

□宿泊場所:農林業体験交流施設「四季菜館」

□内 容:一日目(棚田の畦塗りと田植えの準備)
     二日目(「田植え」に合流。)

□参加費:一般5,000円、会員4,000円、学生・子供3,000円。
(1泊4食、保険、通信費)
    *交流会の酒代を別途集めます。差し入れも大歓迎!です。

□持ち物:汚れてよい服装(裾・袖まくりできる格好、帽子)、タオル、
着替え、寝巻き、洗面用具(石鹸、シャンプーなどあります)
*ブヨ刺され防止に、長袖長ズボン、怪我防止に田植え靴がお勧め。(田植え靴の貸
し出しは、数に限りあり。当日の先着順です。)
*雨天のときは雨合羽。(貸出用ありますが、できるだけご準備ください。)
□定 員:20名くらい

□申込方法:
 1)お名前
 2)連絡先
 3)同行者お名前(学生、子供の方は学年または年齢も)
 4)送迎の必要
 をお知らせ下さい。

□申込み、お問い合わせ
 山村塾 事務局(担当:小森耕太)
 〒834-1222
 福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
 TEL・FAX 0943-42-4300
 Eメール:sannsonn@f2.dion.ne.jp
 山村塾HP http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/
 ※当日連絡先は四季菜館0943-42-2722

*山村塾は、都市と農山村が一緒になり、環境にやさしい米づくりや
豊かな生態系の森づくりを通じて、山村の環境を守るグループです。
*里山ミニワークは、里山でちょこっと働こう!を合言葉に、棚田や
里山の保全活動を行うボランティア合宿です。
yabegawa * 構成団体からの告知 * 12:42 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

第7回 堀と人をつなぐ日〜5月22日堀の日に柳川掘割の掃除〜

水の縁でつながる皆様へ

第7回 堀と人をつなぐ日〜堀の日に掘割の掃除〜

horiwarisouji.jpg


映画「柳川堀割物語」で全国に知られるようになった住民参加の掘割の再生事業開始から約30年が経ちました。物語をつないでいくために私達「水の会」は、 地域の皆様と水の会とご縁のある皆様の協力をいただいて、『掘と人をつなぐ日』として掘割(地域の共有財産)の清掃と護岸への水生植物の植栽を行い、堀に 日頃の恩返しをしています。

この春も市内外からの応援と参加をお願いし、地域住民の皆さまとともに、堀とひととのつながりを感じられるような一日にしたいと思います。

皆さまのご参加を心からお待ちしております。

■日時:平成23年5月22日(日)午前中(午前9時集合)
■場所:あめんぼセンター(柳川市立図書館)北側の堀〜旧マルショク駐車場まで
■内容:堀の掃除、ショウブなどの植栽など
■持ってくるもの:鎌(持っている人のみ)、軍手、タオル、着替え
yabegawa * 構成団体からの告知 * 16:20 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

◆里山ミニワーク「お茶摘み」◆

 ◆里山ミニワーク「お茶摘み」◆

夏も近づく八十八夜〜♪
GWは八女茶発祥の地、黒木町へ!

昔ながらの品種(在来種)を守りつづけている山間の茶畑で手摘み
・手揉みのお茶づくりを行いませんか?
揉んだお茶は、最終日に仕上げをしてお持ち帰り頂けます。
様々な風味が混じって爽やかな味をお楽しみに!
※この活動は、お茶を摘み、利用することを通じて、
山間の茶畑、美しい里山風景を守ることを目指しています。

※お茶摘みチラシダウンロード(PDFファイル、178KB)
http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/2011otya_tsumi.pdf
または以下をご覧ください。

□日 程:2011/5/3(火)〜4(水)

□集 合:5/3(火)9時半 「えがおの森」
 ※連休中なので、高速道路など混雑が予想されます。
  気をつけてお越しください。
□解 散:5/4(水)16時ごろ

□場 所:笠原東交流センター「えがおの森」
 〒834-1222 八女市黒木町笠原9836-1

□内 容:
 5/3(火):お茶の手摘み→手もみ茶づくり→茶工場見学。夜は里山談義・交流会
 5/4(水):手もみ茶づくり(仕上げ)→再製火入れ→試飲会
 ※空き時間に、宮園家の本業のお茶摘み(機械摘み)や玉露ネットの設置、
  田んぼのお手伝いをします。
 ※内容は予定です。天候や生育状況によって変更することがあります。
 ※在来種とは品種改良される前の、昔からあるお茶のことです。一本一本の木に
  個性があるので、収穫が大変ですが、味わいが深く美味しいお茶が出来ます。

□参加費:一般6500円、会員5500円、学生・子供3000円。
 ※1泊4食、保険、運営費、持ち帰りお茶代含む。
 ※交流会は酒代実費ご負担ください。

□定 員:25名(定員になり次第締め切ります。)

□申込み方法:
 以下の項目をご記入の上、連絡先までお申し込みください。
1)代表者氏名:
2)同行する方の氏名:
※学生・子供の方は学年または年齢をお知らせください。
3)住所:〒
4)電話番号:
5)携帯電話(当日連絡用に):
6)交通手段:

□連絡先:山村塾事務局 担当:小森耕太
 〒834-1222
 福岡県八女市黒木町笠原9836-1 えがおの森内
 TEL・FAX 0943-42-4300
 Eメール:sannsonn@f2.dion.ne.jp
 山村塾HP http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/

◆詳細情報◆
□持ち物:汚れてよい服装(長袖、長ズボン、しっかりした靴、帽子、
 軍手)、タオル、着替え、寝巻き、洗面用具(石鹸、シャンプーはあり
 ます)
 ※雨天のときは雨具、長靴。(貸し出しもできますが、お持ちの方
  はご準備ください。)
□宿泊について:えがおの森に宿泊します。男女別の大部屋です。
    布団、風呂、シャワー、トイレはあります。

□交通手段:
【公共交通機関ご利用の場合】
 ※送迎準備のため必ず事前連絡。
 JR 鹿児島本線「羽犬塚駅」下車(博多から50 分、910 円)後、
 堀川バスをご利用ください。
 堀川バス・羽犬塚発(黒木行)8:12 発→黒木営業所9:03 着 運賃750 円
 →9:00 に、黒木営業所までスタッフが迎えに行きます。
 ※堀川バス八女営業所0943-23-6128 (http://www.horikawabus.jp/)
【お車をご利用の場合】
 広川IC、八女IC から約25 キロ、車で45 分です。
 国道442 号線を、黒木、矢部方面に向かい、「黒木大藤」交差点を左折。
 赤い鳥居をくぐり5分(約2 キロ)で四季菜館。
 さらに約7 キロ先が「えがおの森」です。
 http://www.egaonomori.jp/access/access.html

----------------------------------------------------------
*里山ミニワークは、里山でちょこっと働こう!を合言葉に、棚田や
 里山の保全活動を行うボランティア合宿です。
*山村塾は、都市と農山村が一緒になり、環境にやさしい米づくりや
 豊かな生態系の森づくりを通じて、山村の環境を守るグループです。
----------------------------------------------------------
お茶摘みチラシhttp://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/2011otya_tsumi.pdf
yabegawa * 構成団体からの告知 * 01:20 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ドキュメンタリー映画『タケヤネの里』

 
 ドキュメンタリー映画『タケヤネの里』
完成お披露目試写会

黒木町、星野村を主要舞台として、製作に足掛け4年、映画『タケヤネの里』が完成
いたしまし
た!まずは、現地でお世話になりました方々に向けご挨拶とお礼も兼ねて、お披露目
試写会を開
催いたします!(映画『タケヤネの里』上映実行委員会)
試写会は下記のとおり2 日間、開催します。いずれかご都合のつく日にお越しくださ
れば幸いです。

2011 年4 月22 日 黒木町
18:30 開場 19:00 上映
会場:えがおの森
福岡県八女市黒木町笠原9836-1
TEL・FAX 0943-42-4300(山村塾・小森まで)
※上映後、監督他と交流会開催予定

2011 年4 月23 日 立花町
13:30 開場 14:00 上映
18:30 開場 19:00 上映
会場:八女市働く婦人の家
福岡県八女市立花町谷川1111 番地
090-5732-1314 (樋口まで)
※上映後、監督他挨拶予定

【内容】福岡県八女市星野村、黒木町、うきは市には、全国でもまれなカシロダケと
いう竹
が育成している。美しく白い皮が特徴的で、江戸時代以前から包装用や高級雪駄、履
くこっ
ぽり、草履、本バレンなど様々な生活用具に利用され、日本全国に出荷されてきた。
しかし
竹皮、竹材の需要の激減、竹林農家の人たちの高齢化などに伴い衰退の途へと進ん
だ。
2006 年、群馬高崎市の竹皮編の伝統工芸師・前島美江さんが、この状況を打開しよ
うと東京、
福岡などの都市生活者を呼びかけ、地元の人と一体となり竹林保全のプロジェクト
「かぐや
ひめ」を開始した!映画では九州の山岳地帯の竹皮をめぐる知恵と暮らし、日光下
駄・本ば
れん&浮世絵師・羽箒など関東一円に拡がる職人たちの巧みな技、関西方面の竹皮
商、履物
屋をめぐる歴史、さらには竹皮にまつわるお茶道、身分制社会のありようにまで踏み
込んで
いく。竹と人間の壮大な営みを浮き彫りにする記録映画。『土徳』の監督・青原さと
しが、『藝
州かやぶき紀行』についで旅日記形式で構成する映像遊覧記シリーズ第二弾!6月以
降全国
各地で一般公開を計画中。(収録:デジタルハイビジョン(HDV)方式、カラー、112
分)

yabegawa * 構成団体からの告知 * 00:07 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

山村塾設立18周年記念シンポジウム◆◇◆ちょいと来てしもうた18年◆◇◆ 〜山村塾設立の三家族が語る〜

 ++++++++++ここから(転送転載歓迎!)+++++++
+++

山村塾設立18周年記念シンポジウム
◆◇◆ちょいと来てしもうた18年◆◇◆
〜山村塾設立の三家族が語る〜

水や空気、安全でおいしい食べ物を育む棚田や山々を守ろうと八女市
黒木町で山村塾の取り組みを始めてはや18年。設立当時のエピソードや
山村塾で大切にしてきたこと、育まれてきたことを振り返りながら、皆さ
んと一緒に農山村の将来を語り合いたいとシンポジウムを企画しました。
また当日は、無農薬の野菜やお茶など農産物直売会、終了後には懇親会
を兼ねて新酒試飲会を開催します!黒木の畑や山で収穫された農林産物、
アイガモ米で仕込んだ新酒の味も楽しめます!
たくさんのご来場をお待ちしております!!
※チラシPDFあり
http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/

【と き】 4/2(土)13:30〜16:45

【ところ】 福岡県農民会館 大ホール
福岡市中央区今泉1-13-19(西鉄福岡駅からすぐ)
TEL 092-761-6550
【参加費】 無料
(懇親会1,000円/17:15〜 小学生以下は無料)
【対 象】 棚田や森林の保全に興味関心のある方、
農山村・田舎大好きな方 70名くらい
【内 容】
(12:30〜13:30 農産物直売会&映像による山村塾活動紹介)
13:30 開会
13:40 設立メンバーによるパネルディスカッション
「ちょいとで来てしもうた18年」
・設立当時のエピソード
・山村塾で大切にしていること
・都市と農山村の交流で育まれたもの など
(14:55〜15:10 休憩)
15:10 全体ディスカッション
「農山村のこれから(仮題)」
・グループに分かれていろいろ語り合います。
16:45 閉会
(17:15〜18:45 懇親会&新酒試飲会)

◆◇◆申込み方法◆◇◆
以下の項目を添えてお申し込み下さい。
1)お名前
2)ご連絡先(TEL、FAX、メールいずれか)
3)同行者のお名前
4)懇親会の出欠
定員になり次第〆切ります。

【お申し込み、お問い合わせは】
山村塾事務局(担当:小森耕太)
〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
TEL・FAX 0943-42-4300
Eメール:sannsonn@f2.dion.ne.jp
山村塾HP http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/

◆主催:山村塾
◆協力:ふくおか森づくりネットワーク
(特活)日本環境保全ボランティアネットワーク(JCVN)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
◆山村塾設立メンバー◆プロフィール◆
○椿原寿之・まり子
稲作コース担当。大阪、熊本からUターンし就農。棚田でのアイガモ米、
無農薬のお茶や野菜づくりを行う。1997年に農林業体験交流施設
「四季菜館」を建設し、多くの農業体験、農業研修を受け入れている。
寿之は山村塾前代表(1994〜2008年度)、まり子は四季菜館館長。

○宮園福夫・佐津美
山林コース担当。平成3年の台風による風倒木被害を受け、スギ・ヒノキ
一辺倒の森づくりに疑問を持つ。風倒木被害地にケヤキ、ヤマザクラ、
エンジュなどの広葉樹を植えた後、山村塾設立に関わる。林業のほか、
お茶、シイタケ、棚田米づくりなどに携わる。1994年山村塾設立時は
独身。福夫は山村塾代表(2009年度〜現在)

○毛利宗孝・赫子
事務局担当。カネミ油症の被害をきっかけに安全な食を求めはじめ、
生協運動に取り組む。自分で米を作りたいと生産者の椿原に相談したこと
で話が弾み、山村塾の会員募集チラシを作成。以降成り行きで事務局を
担当。広川町で宅老所・託児所を行う「NPO法人こもれびの家」を主宰。

★山村塾 http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/
地元農林家と都市住民が協力して活動するグループです。環境保全型農業
による耕作放棄農地(棚田)の復田・管理、杉・桧の風倒木被害地での
広葉樹の森づくりを行っています。

+++++++ここからまで(ご参加お待ちしております!)+++++++
yabegawa * 構成団体からの告知 * 20:11 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

山村塾◆◇◆パッチワークの森づくり◆◇◆〜春の森林整備作業(ウサギネット補強、薪集め)〜

 +++++ここから(転送・転載歓迎!)+++++

◆◇◆パッチワークの森づくり◆◇◆
〜春の森林整備作業(ウサギネット補強、薪集め)〜

「パッチワークの森づくり」は、
いろいろな生き物と共生できる森を目指して、
台風災害や手入れ不足によって不健全となったスギ・ヒノキ林に
広葉樹を育てる森林整備事業です。

平成21年度は、KDDI株式会社九州総支社などの協力を得て、
3区画を整備しコナラやヤマザクラを育てています。

今回は、春の森林整備作業として
・ウサギ防護ネットの補強
・古いネットの回収
・薪集め(林地残材の利活用)
などを行います。

森の中で気持ちよい汗を流し、森の生育を観察しましょう!
ご参加お待ちしております。

□日程:3/19(土)10:00〜15:00(9:30受付)

□集合:9:30に農林業体験交流施設「四季菜館」
(館長・椿原まり子/TEL0943-42-2722)

□場所:八女市黒木町の山林(パッチワークの森フィールド)

□内容:春の森林整備作業として
・ウサギ防護ネットの補強
・古いネットの回収
・薪集め(林地残材の利活用)
・苗の生育観察

□参加費:1,000円
(美味し〜い黒木の弁当、保険代、運営費)

□持ち物:長袖、長ズボン、軍手、地下足袋または長靴や
軽登山靴など、タオル
※少雨決行です。雨天のときは雨具、長靴、
着替えをご準備ください。
※雨具、長靴は、貸し出しできますが、お持ちの方はご準備ください。
※標高500m付近で作業します。寒くないようにしてお越し下さい。

■主催:山村塾、KDDI 株式会社 九州総支社

□申し込み方法:以下の項目をご記入の上、お申込み下さい。
定員25名。定員になり次第締め切ります。
1)お名前
2)連絡先
3)同行者お名前(※中学生以下は学年も)
4)黒木バス停送迎:(希望する、希望しない)

□連絡先:
山村塾事務局 担当:小森耕太
〒834-1222
福岡県八女市黒木町笠原9836-1えがおの森内
TEL・FAX 0943-42-4300
Email:sannsonn@f2.dion.ne.jp
http://www.h3.dion.ne.jp/~sannsonn/

*山村塾は、都市と農山村が一緒になり、環境にやさしい米づくりや豊かな
生態系の森づくりを通じて、山村の環境を守るグループです。

+++++ここまで+++++
yabegawa * 構成団体からの告知 * 20:09 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ