<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

矢部川楽校ミニ講演会「矢部川の下流域について」

矢部川楽校ミニ講演会「矢部川の下流域について」が
開催されました。
講師 古賀隆(柳川市観光ボランティアガイド会長)

前篇

後編
 
日時 2/4(火)19:00〜20:30

場所 八女市民会館おりなす八女(研修棟)

内容(予定) 矢部川下流域について



yabegawa * 楽校・地元講座 * 17:56 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

矢部川楽校・矢部川のこれからを考える「景観保全と復興」

6回矢部川楽校・矢部川のこれからを考える「景観保全と復興」報告
矢部川をつなぐ会・松富士 将和
 
「北部九州豪雨から1年を経てなお、流域の至る所で復旧作業が行われている矢部川。
矢部川の景観や文化を守り、次の世代に引き継ぐために、いま、我々はどうすべきか。
自然と景観を守りながら復興につなげている先進地・鹿児島県川内川や熊本県白川の事例に学び、これからの矢部川を、矢部川のあるべき姿を考える」として、20131222日(日)13時〜17時 おりなす八女はちひめホールにて(主催:矢部川をつなぐ会、共催:北部九州河川利用協会、後援:八女市、筑後市、みやま市、柳川市)の講演会を行ないました。師走の押し迫った寒い時期にもかかわらず110名もの参加があり盛況でした。

 
 講演会:馬場紘一氏(八女市景観審議会委員長)基調講演暮らしを育む・心の故郷 矢部川」は、矢部川の景観・自然の営みがかたちづくった河川景観と、人々の営みがかたちづくった河川景観についての話から、景観形成の仕組みづくり、河川文化の伝承を踏まえた災害復旧と河川景観のあり方について、自身の少年時代の矢部川での思い出も含めて、豊富なスライドも交えた分かり易い矢部川学でした。


 続いての事例発表では、中村周二氏(川内川流域連携ネットワーク代表):鹿児島県川内川、 金子好雄氏(東海大学水環境工学研究室・准教授:)熊本県白川は、景観に配慮した復興事例を。朝廣和夫氏(九州大学緑地保全学研究室・准教授):八女市黒木町笠原地区での今後に向けた取り組みなど、それぞれの事例について発表して頂きました。

 パネルディスカッションは、4講師に山口秋誠氏(八女市災害復旧室・室長)も加わって頂き、松富士将和「矢部川をつなぐ会代表」の進行により、これからの景観に配慮した矢部川の復興について、会場からの具体的な質問や提言も交えて熱のこもったやり取りがありました。(詳細は、矢部川をつなぐ会HP,及び3月に発行する矢部川新聞第8号に掲載しますので、ご覧下さい)
 
 翌日は、中村周二氏、金子好雄氏に、川内川の上野豊事務局長の3人を笠原川、星野川の復旧現場に案内しました。感想は、皆一様に「えっ、これは酷い」で、「もっと流域にすむ方の意見を聞いたものにしなかればならないですね」でした。
 
 321日(金・祝)には、現地観察会「笠原川、星野川の復旧地を巡る」を行ないます。
 *集合:JR羽犬塚 9時10分 、八女市物産館 9時30分
*解散:JR羽犬塚 16時30分、八女市物産館 16時
*参加者:20名(マイクロバス1台で回る) 会費:1,000円(昼食別)
 *申込:2月末までに矢部川をつなぐ会事務局(山村塾・小森)迄:電話0943-42-4300 
Eメール info@sansonjuku.com
yabegawa * 楽校・地元講座 * 13:09 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

矢部川の景観保全と復興についての講演会案内!

JUGEMテーマ:矢部川流域
 

12月22日(日)13時から八女市おりなす少ホールで、第6回矢部川楽校

・矢部川のこれからを考える「景観保全と復興」についての講演会を開催

します。

無料・参加自由です。

詳しくはPDFをご覧ください。
 

yabegawa * 楽校・地元講座 * 18:03 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

4/9(火)勉強会 矢部川流域の森林づくり

事務局の小森です。
来週4/9(火)は勉強会を予定しております。
矢部川上流域の森林についていろいろと学ぶ良い機会だと思います。
以下、ご参加おまちしております!

+++++++++++
矢部川をつなぐ会 勉強会
「矢部川流域の森林づくり〜100年先を見据えて〜」

矢部川をつなぐ会では、隔月を目安に勉強会を開催しています。
次回のテーマは「矢部川流域の森づくり」です。
矢部川上流域の八女林業地域についてお詳しい、
福岡県林業技術者連絡会の福島先生をお招きし、
100年先を見据えた矢部川の森づくりについて学ぶ予定です。

昨年7月の九州北部豪雨被害は矢部川流域に甚大な被害をもたらしました。
これまで以上に、森林や山村の持つ役割に関心が高まっております。

昔の森林、今の森林、これからの森林について
皆さんと一緒に考えることが出来ればと思っております。
どなたでも、どうぞお気軽にご参加ください。お待ちしております。

○とき 4/9(火)19:00〜20:30

○ところ 八女市民会館おりなす八女 会議室

○講師 福島 敏彦さん(福岡県林業技術者連絡会 理事会長)

○内容(案)
 ・拡大造林前、矢部川上流域の森林はどのようであったか。
 ・今回の災害と森林の関係について
 ・50年、100年後を見据えて、どのような森林づくりが必要か

○問い合わせ先
矢部川をつなぐ会事務局(山村塾 小森)
メール sannsonn@f2.dion.ne.jp
電話・FAX 0943-42-4300
当日の連絡先 090-4775-3928
HP http://www.yabegawa.net/
ブログ http://yabegawa.jugem.jp/
+++++++++++
JUGEMテーマ:矢部川流域


yabegawa * 楽校・地元講座 * 22:44 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

2009年10月25日(日) ミニ水力発電

 矢部川流域景観プロジェクト      

          
第4回矢部川楽校・地元講座 in 黒木町                

                水の力を学ぼう

 ミニ水力発電等の最新のエコ技術を生かして先人達の技術が駆使された矢部川の貴重な
構造物である廻水路の保全活用の可能性を探る。                
                
                
とき    2009年10月25日(日)    10時00分〜12時30分     
        
     講演「ミニ水力発電」 螢潺哨心超技術研究所 所長 土井研一            
     講演「矢部川の廻水路」 八女市文化財専門委員 馬場紘一            
    13時15分〜16時00分             
     見学会 矢部川の廻水路(要 事前申し込み)    
        
ところ     黒木町地域交流センター ふじの里            
            福岡県八女郡黒木町大字桑原207
            TEL 0943-42-3320    

主催    矢部川をつなぐ会・福岡県            
事務局:柳川市城隅町18-9 NPO法人有明会 気付
TEL080-5207-4064 FAX 0944-72-7948              
    e-mail: info@yabegawa.net 
      http://www.yabegawa.net           

共催              黒木町            
                
参加無料 どなたでもご自由に参加下さい                
                
矢部川流域景観プロジェクトとは、矢部川流域の自然、歴史文化、生態系などに                
ついてみんなで考え、景観資源を未来に残していこうというプロジェクトです。


写真:山梨県都留市家中川小水力市民発電所「元気くん1号」

JUGEMテーマ:矢部川流域
yabegawa * 楽校・地元講座 * 20:14 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

第三回矢部川楽校 in筑後 櫨を知る・櫨を学ぶ

JUGEMテーマ:矢部川流域
 矢部川景観プロジェクト
矢部川楽校・第3回地元講座in筑後

とき:2009年3月7日(土)13時〜16時
場所:筑後市サンコア2F第5講習室(筑後市役所裏)
主催:矢部川をつなぐ会・福岡県
共催:松山櫨復興委員会
参加無料・ご自由にご参加下さい!

☆櫨(はぜ)復興運動にむけて!
櫨を知る!櫨を学ぶ!
講師:荒木製蝋合資会社 荒木眞治氏
   松山櫨復活委員会 矢野眞由美氏
内容:
  櫨蝋業から見る櫨の品種の重要性、植生、櫨マケなど
  櫨を生かした地域活動と交流への提言
  フリートーキング
  ★会場に櫨の品種見本・和蝋燭、櫨産業の写真などを展示

矢部川をつなぐ会HP:http://yabegawa.net/
連絡先:景観プロジェクト 担当;松富士
TEL;0942-45-1150、mail;hohoduku@orion.ocn.ne.jp
yabegawa * 楽校・地元講座 * 22:33 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

矢部川流域の歴史・文化・風習(久留米藩と柳川藩と)について学ぼう! 第二回矢部川楽校 in 八女・立花

JUGEMテーマ:矢部川流域
 

県NPOとの協働事業・矢部川流域景観プロジェクトを矢部川をつなぐ会が委託を受け、フイールドワークや地元講座・楽校を開催することになりました。矢部川楽校・地元講座の第二回目を、八女市・立花町で行います。皆さまの参加をお待ちしています。

テーマ
矢部川流域の歴史・文化・風習(柳川藩と久留米藩)について学ぼう!

日時
2009年2月21日(土) 13時30分〜15時30分
講座内容

1.矢部川流域の歴史・文化、廻水路など:馬場紘一
2.方言・風習の違い(柳川藩と久留米藩):松石安兵衛・その他、卑弥呼・邪馬台国についてなど:松石安兵衛
八女伝統工芸館
会場
八女民俗資料館 13時
八女市・八女民俗資料館(八女伝統工芸館内別館)【TEL】 0943-22-3131


〜 申込み・連絡・問合せ先(、申込みの際は、講座の参加人員・所属を連絡下さい)〜
★フイールドワーク景観プロジェクト 担当・松富士 将和:TEL/FAX 0942−45−1150 mailhohoduku@orion.ocn.ne.jp 

★矢部川をつなぐ会事務局:八女市上陽町北川内589−2 Tel 0943-54-2150 FAX  54-2512  mail info-hotaru@joyo-town.jp 

 ★福岡県都市計画課・江頭 美紀:TEL 092-643-3712(直通)FAX 643-3716  mail egashira-m9969@pref.fukuoka.lg.jp
矢部川流域景観協議会



にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 福岡 その他の街情報へ
yabegawa * 楽校・地元講座 * 14:32 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ